EUR/USD
Google
GBP/USD
Amazon

相場最新情報

相場を先取りしてください

発表ニュース = 利益チャンス
実況ニュース、分析、予想、シグナルを通して成功戦略を形成してください

カレンダー

経済カレンダーは、バイナリーオプション取引で最も役立つ情報源の1つです。それは、株式、指標、商品、または外国通貨ペアの相場に影響を及ぼす、市場での行事を投資家に伝えます。

経済カレンダーで、狙いを追い続け、大きな利益が生まれそうな行事、日付、時刻を見つけてください。

世界市場リポート

世界市場リポートは、外国通貨、商品、指標、株式の情勢分析にお役立て頂けます。同リポートは、取引原資産やその取引時期の選択を支える、もう一つの情報源となります。

毎日、市場の開始に先立って配信される日々のバイナリーオプション情報では、市場および原資産価格がどのように推移しているかを内側からの視点を通してお伝えします; さらにあなたは、日々生まれる重要経済ニュースを通して。

2-12-16

04 Dec 2016

2016年12月2日

GMT 通貨 イベント 前回 予想
01:30 AUD (豪)小売売上高(前月比) 0.6% 0.3%
10:30 GBP (英)建設業PMI 52.6 52.3
14:30 CAD (加)雇用者数変動 43.9K 0.1K
14:30 CAD (加)失業率 7.0% 7.0%
14:30 USD (米)平均時給(前月比) 0.4% 0.2%
14:30 USD (米)非農業部門雇用者数変動 161K 165K
14:30 USD (米)失業率 4.9% 4.9%

国際市場概況

木曜日のアジア市場は、夜のうちにあたる時間に見られた原油価格の急騰に加えて、11月における中国の予想よりも好調な結果になった製造業データにも反応する形で、広範囲に上昇する推移になっている。日本の日経平均は、その中において昨日アジア地域で最高のパフォーマンスを示した指数になっており、日本円が更に弱まったことが更なる後押しになったことで、1.12%の値上がりとなった。オーストラリアのS&P/ASX200も安定した上昇を示しており、コモディティー価格の強まりからも利されたことで、昨日は1.10%の利益を記録している。また中国本土の上海総合が、11月における製造業PMIが予想を上回る上昇になったことから、0.72%の利益を記録した他、香港のハンセンも0.39%の上昇を記録した。韓国の上昇はそれよりも抑え気味なものになっており、Kospiは0.01%というわずかな上昇に留まったのだが、シンガポールのストレイツ・タイムズについては0.81%の値上がりになっている。ヨーロッパ市場は、今週末に予定されているイタリアでの国民投票を控えて、投資家達が警戒感を示したことから下落する動きとなった。これによって、ストックス・ヨーロッパ600が0.33%ダウンした他、ドイツのDAXも1.00%の下落、そしてフランスのCAC40も0.39%落ち込んで引けている。ロンドンのFTSEも、英国でのインフレの数字と英ポンドの強さに対する懸念が市場の足かせになったことから、0.45%の値下がりとなった。米国市場は、エネルギーと金融株の上昇がNYダウを過去最高値に押し上げる助けになった一方、ハイテクとバイオテクノロジー株に脆弱性が続いていることで、NASDAQが2日連続しての損失を記録することになっており、この結果木曜日の取引終了時には全体としては混然とした状態になっている。取引終了時には、S&P500が0.35%のダウンになった一方で、NYダウが0.36%の値上がり、そしてNASDAQは1.36%の下落になって引けるセッションとなっている。

外国為替市場

ユーロ──木曜日のユーロは、ユーロ圏の失業率が9.8%まで減少したことで、米ドルと日本円に対しては順調に強まった一方、英ポンドに対しては損失を減らしたものの、変化がない水準で引けている。

英ポンド──英ポンドは、セッションの早い時間には上昇したのだが、後からその利益を返上するような流れになっており、最終的にはユーロと日本円に対しては変化がない水準となった。また米ドルに対してはそれでもいくらか強まる状態に留まって引けている。

米ドル──木曜日の米ドルは、11月の米ドルに好調な上昇が見られた後になって、トレーダー達が米ドルからの利食いを再度行う方向へと動いたことから、下落に転じて引けている。

日本円──木曜日の日本円は、米ドルに対しては強まったのだが、英ポンドに対しては変化がない水準になっており、その一方でユーロに対しては下落して引けるなど、混然とした状態になっている。

トルコリラ──木曜日のトルコリラは、このトルコの通貨の落ち込みを止めるための介入については、今後も避ける姿勢にトルコの中央銀行が留まるものとトレーダー達が認識したことから、広範囲に下落する推移になっており、米ドルとユーロという双方の通貨に対しては記録的な安値を記録する格好となって引けている。

ロシアルーブル──木曜日においては原油が大幅に上昇したにもかかわらず、ロシアルーブルはセッションの遅い時間になってから早い時間に出していた利益を返上するような流れになっており、その結果それぞれの相手通貨に対してほぼ変化がない水準で引けている。

商品市場

貴金属──木曜日の貴金属は、場外取引に上げ相場が見られたにも関わらず、テクニカルベースでは市場は大きく下げ相場の状態に留まったことで、金が10ヶ月ぶりの安値を記録するなど混然とした状態になっている。2月物の金先物は、4.50ドルダウンして1オンス1,169.40ドルとなった。その一方で、3月物の銀先物は最終的には0.043ドル値上がりして、1オンス16.525ドルになって引けている。

石油──原油は、2回のセッションで連続して上昇しており、OPECの減産計画によってトレーダー達が楽観的な姿勢に留まったことから、6週間ぶりの高値を記録した。1月物のWTI原油先物は、1.62ドルもしくは3.3%アップして1バレル51.06ドルになって引けている。

株価指数

S&P500──S&Pは、値上がりしての開始になったのだが、午前中のうちはずっと変化がない水準付近で上下を繰り返すような推移になった後、昼過ぎからは下落する動きになっており、結局マイナス圏まで落ち込んだ。午後の間もずっと低迷する状態に留まっており、エネルギーや金融関連からの利益が、ハイテクや不動産そして公共事業セクターからの損失によって影が薄いものになってしまったことから、最終的にはセッション安付近の水準まで落ち込んだことで、0.35%の損失を記録して引けている。

DAX──DAXは、変化がない水準付近からの開始になったのだが、その後はすぐに下落を始めており、そのままの状態で終日推移している。この株価指数は、今週末に予定されているイタリアの国民投票に対して、投資家達が懸念していることから不安定な取引になっており、下落する流れになったのである。セッション終了時には、DAXは1.00%ダウンしており、ヨーロッパ地域の下落の流れを先導する格好になって引けている。

日経平均──日経平均は、夜のうちにあたる時間に見られた日本円の大幅な落ち込みに加えて、原油価格の急騰にも反応する形になったことで、午前中から大幅に上昇する流れとなった。こうして昼までに2.3%の上昇になった後は、この株価指数は午後になると利食いに加えて、アジアセッションの間に日本円がいくらかの強まったことを受けて落ち込む推移になっている。このように午後には引き戻しも見られたのだが、それでも日経平均は1.12%アップしてセッション高の水準になっており、アジア地域の上昇の流れをリードした上に、2016年に入ってからの年初来高値を更新する格好になって引けるセッションになっている。

株式銘柄

アップル株──ハイテクのリーダー的存在であるこの銘柄は、ハイテクセクター全体が圧力にさらされる状況の中、木曜日には2日連続しての下落となった。米大統領戦が終わってから落ち込んだ後、ハイテクセクターには短い回復の期間も見られていたのだが、ドナルド・トランプ氏が大統領になることはハイテクセクターにとってポジティブなことではないと、投資家達はやはり感じているようであり、その後は下降トレンドへと戻ってしまったのである。木曜日のこの銘柄は、1株109.49ドルという終値になったのだが、短期的に見たこの銘柄の実質的なサポートレベルが105ドルという水準辺りにあることから、今後についてはあっさりと更なる下降傾向へと向かう可能性もあるだろう。長期的に見た場合でも、この銘柄のトレンドは下落方向になるものと私達は考えていることから、今後数週間の間に90ドルの水準にあるより強固なサポートレベルをうかがうような展開になったとしても、決して驚くことはないだろう。そして、もしこの水準以下にまで下落することになったような場合には、次の強固なサポートレベルが60ドルの水準になるまでは見られず、これがこの銘柄の下降トレンドの更なる拡大を意味することになりそうであることから、この銘柄にとっては非常に悪い様相になるだろうと考えられる。

記事の全文を表示

01-12-2016

01 Dec 2016

2016年12月1日

 

GMT 通貨 イベント 前回 予想
00:50 JPY (日)設備投資(前年比) 3.1% -0.4%
01:30 AUD (豪)民間設備投資(前期比) -5.4% -2.8%
01:30 JPY (日)製造業PMI確報値 51.1 51.1
02:00 CNY (中)製造業PMI 51.2 51.0
02:00 CNY (中)非製造業PMI 54.0
02:45 CNY (中)財新製造業PMI 51.2 50.9
10:00 EUR (欧)製造業PMI確報値 53.7 53.7
10:30 GBP (英)製造業PMI 54.3 54.4
14:30 USD (米)失業保険申請件数 251K 252K
16:00 USD (米)ISM製造業景況指数 51.9 52.1

 

国際市場概況

水曜日のアジア市場は、当初は夜のうちにあたる時間に見られたウォール街の好調さに反応する形で値上がりしての開始となっていたのだが、その後はコモディティー価格が落ち込んだことに加えて、今後の原油価格の推移に対する懸念によって圧力が見られたことで、取引終了時には混然とした状態になっている。中国の株式は、コモディティーの下落に加えて人民元の強まりからも特に圧力を受ける格好となっており、上海総合は1.00%ダウンしたことでアジア地域の平均を下回るパフォーマンスで一日を終えた。一方香港のハンセンについては回復力を保っており、現地の投資家達が12月の深セン・香港株式相互取引リンクの開始を楽しみに待っている状態であることから、0.23%の利益を記録している。オーストラリアの株式は、コモディティー及び原油の脆弱性などに反応する形で下落しており、0.31%の損失を記録して引けた。日本の日経平均も、この日は不安定なセッションに苦しんでおり、0.01%のわずかな上昇となるなど、ほぼ変化がない水準で一日を終えている。その一方でシンガポールのストレイツ・タイムズ0.86%値上がりするなど優れたパフォーマンスを示した他、韓国のKospiも0.26%アップするセッションとなった。ヨーロッパ市場は、OPECが一日1.2Mバレルの減産を行うと発表したことを受けて、エネルギー関連企業が上昇の流れをリードしたことで、広範囲に上昇して一日を終えている。これによって、ヨーロッパを広くカバーしているストックス・ヨーロッパ600が0.31%上昇した他、ドイツのDAXが0.19%のアップ、そしてフランスのCAC40も0.59%値上がりして引けた。ロンドンのFTSEも、エネルギー株の上昇を受けて0.17%アップして引けたのだが、英中銀によるストレステストに合格しなかったロイヤルバンク・オブ・スコットランドからの損失によって、その上昇は控え気味のものになったと言える。米国の投資家達は、原油の上昇には動じなかったようにも見えており、米国債が落ち込み続けた上に米ドルにも上昇が戻ってきたことから、主要な株価指数は軒並み広範囲に下落して一日を終える結果となった。取引終了時にはS&P500が0.26%のダウン、NYダウが0.01%というわずかな上昇でほぼ横ばいとなった他、NASDAQもハイテクに見られた極端とも言える脆弱性を受けて、1.05%下落して引けている。

 

外国為替市場

ユーロ──水曜日のユーロは、ユーロ圏のインフレデータが2014年以降最高の水準になったものの、それでもそれはECBによって設定された目標を大きく下回っていたことから、米ドルと英ポンドに対しては下落するという推移になった。一方日本円に対しては、トレーダー達が安全な逃避先と目されるアセットから離れたことから、ユーロは大幅に強まって引けている。

英ポンド──水曜日の英ポンドは、日本円に対して上昇しており、米ドルに対しても穏やかに値上がりしたのだが、ユーロに対しては下落して引けている。

米ドル──水曜日の米ドルは、米国債が再び下落したことから、強さが戻り始めるという流れとなった。この結果セッション終了時には、米ドルは日本円とユーロに対しては強まったのだが、英ポンドに対しては穏やかに弱まって引けている。

日本円──水曜日の日本円は、原油の上昇によってリスク選好が高まっており、これによってトレーダー達が日本円のような安全な逃避先と目されるアセットから離れたことで、それぞれの相手通貨に対して大幅に下落して引けている。

トルコリラ──水曜日のトルコリラは、概ね弱まる流れになっており、日本円に対して強まったことを除いては、主要通貨に対して軒並み下落して引けている。

ロシアルーブル──水曜日のロシアルーブルは、原油からの後押しを受けて急騰しており、このロシアの通貨はそれぞれの相手通貨に対して広範囲に強まって引けている。

 

商品市場

貴金属──水曜日の貴金属は、OPECが減産を決定したことを受けてトレーダー達がリスクのあるアセットへとシフトしたことから、この日は更に下落する推移となっている。2月物の金先物は、16.90ドルもしくは1.4%ダウンして1オンス1,173.90ドルになっており、11月のひと月で見ると約7.9%の落ち込みを記録した。また3月物の銀先物も0.25ドルもしくは1.5%ダウンして1オンス16.48ドルになっており、11月の一ヶ月で見ると7.6%の損失を記録する結果になっている。

原油──水曜日の原油は、OPECが1日に付き1.2Mバレルの減産を行うと発表したことから、急騰する動きになっており、2月以降では1日ベースで最高のパーセンテージの上昇を記録したことで、1バレル50ドルという水準にわずかに届かないくらいまでの上昇を示して、5週間ぶりの高値となった。これはここ8年では初めてのOPECによる減産であることに加えて、1日で60万バレルの減産に合意した非OPEC諸国にも助けられる形でもたらされた原油の上昇であったと言えるだろう。1月物のWTI原油先物は、4.21ドルもしくは9.3%アップして1バレル49.44ドルになって引けている。

 

株価指数

S&P500──S&Pは値上がりしての開始になっていたのだが、その後は米ドルの強さにも反応したことで、終日下落する流れとなった。取引終了が迫るにつれて、この株価指数は当初赤字になるようにも見えていたのだが、最終的には取引最後の一時間で上昇する動きをみせたことで、このS&P500は米国市場が広範囲に下落した中で、こちらも0.27%のダウンを記録して、一日を終える結果となっている。

DAX──DAXは急上昇しての開始になっており、早い時間に見られた利益をいくらか減らす推移になった後は、非常に狭いレンジでの取引となった。取引終了時のこの株価指数は、OPECの減産やユーロ圏におけるインフレ率の上昇を投資家達が歓迎したことから、この日は0.19%の上昇になって引けている。

日経平均──日経平均は順調に上昇しての開始になったのだが、そこからの市場は不安定な状態に陥った。この日本の株価指数は、それからは上下を繰り返す推移になっており、変化がない水準から跳ね返りを見せた後に、結局0.01%のわずかな上昇になって終わったことで、ほぼ変化がない水準で引ける結果となっている。

 

株式銘柄

エクソンモービル株──石油及びガスの総合生産企業のこの銘柄は、OPECが一日につき1.2Mバレルの減産を行い、今後は一日につき32.4Mバレルの生産を行うという制限を発表したことに反応する形で原油価格が大幅に上昇したことで、水曜日には後押しされる格好となった。これによって、この銘柄の価格は1.63%上昇して一株87.30ドルで引けたのだが、このように原油が上昇してさえも、この銘柄は8月初旬に見られて以降保たれ続けている89ドルの水準のレジスタンスレベル以下に、依然として留まっているとも捉えることができるのである。今後については、問題はこのOPECの減産によって、この銘柄の価格がそのレジスタンスレベルを超えることになるのかどうかだと言えるのだが、私達はしばらく見守る必要があるものの、その可能性は十分にあるものと考えており、そうなった場合には1株95ドルの水準にある、次の強固なレジスタンスレベルの水準くらいにまで、上昇する道が開かれることになるだろうと思われる。 

記事の全文を表示

Latest promotions

それらが最も影響を及ぼしそうな原資産での戦略を計画することができます。

Binary Options, Forex and CFD trading | 24option.com

人生はお金で変わります


以下の素敵な3賞品の内1つを獲得して人生を変えて下さい:アップルウォッチ、欧州サッカー観戦VIPチケット2名分、口座へ5,000ユーロの入金

必要な手続きは、口座への入金とマネージャーへのご連絡のみ!

諸条件が適用されます。

一般的リスク警告: バイナリーオプションとCFDの取引は高水準のリスクを伴い、全ての投資家に適合していない場合があります。あなたは全ての投資資金を失う可能性があり、失うことができない資金を投資すべきではありません。関連リスクについての詳細をご覧になるには、こちらをクリックして下さい

会社/ウェブサイト情報:24option.com/euは、Rodeler Limitedによって所有および運営され、投資サービスの提供および/または欧州経済地域内での活動を行っています。Rodeler Limitedは欧州経済地域外の居住者にはサービスを提供していません。Rodeler Limitedはキプロスで登録されたキプロスの投資会社であり(HE 312820)、登録番号207/13においてキプロス証券取引委員会に認可および規制されています。Rodeler Limitedは、39 kolonakiou St., Ayios Anthanasios, Cy-4103 Limassol, Cyprusに位置しています。詳細はここをクリックするか、[email protected]で当社までお問い合わせください。

Rodeler Limitedは、Richfield Capital Limitedと同じ企業グループに属しています。Richfield Capital Limitedは、登録番号IFSC/60/440/TS/15-16においてベリーズ国際金融サービス委員会の規制を受けています。24option.comは、Richfield Capital Limitedによって所有および運営されています。2つの法人が24optionのブランドを共有しています。Richfield Capital Limitedは欧州経済地域の居住者にはサービスを提供していません。

 

一般的リスク警告: バイナリーオプションとCFDの取引は高水準のリスクを伴い、全ての投資家に適合していない場合があります。あなたは全ての投資資金を失う可能性があり、失うことができない資金を投資すべきではありません。関連リスクについての詳細をご覧になるには、こちらをクリックして下さい

会社/ウェブサイト情報:24option.com/euは、Rodeler Limitedによって所有および運営され、投資サービスの提供および/または欧州経済地域内での活動を行っています。Rodeler Limitedは欧州経済地域外の居住者にはサービスを提供していません。Rodeler Limitedはキプロスで登録されたキプロスの投資会社であり(HE 312820)、登録番号207/13においてキプロス証券取引委員会に認可および規制されています。Rodeler Limitedは、39 kolonakiou St., Ayios Anthanasios, Cy-4103 Limassol, Cyprusに位置しています。詳細はここをクリックするか、[email protected]で当社までお問い合わせください。

Rodeler Limitedは、Richfield Capital Limitedと同じ企業グループに属しています。Richfield Capital Limitedは、登録番号IFSC/60/440/TS/15-16においてベリーズ国際金融サービス委員会の規制を受けています。24option.comは、Richfield Capital Limitedによって所有および運営されています。2つの法人が24optionのブランドを共有しています。Richfield Capital Limitedは欧州経済地域の居住者にはサービスを提供していません。